出会い系サイトでメールのやり取りをしていると相手の女性の相談にのるという状況もあるでしょう。女性は相談するのが好きです。そしてそれは
的確なアドバイスや正論を求めているのではなく、自分の話を聞いてくれて、自分の意見を認めて欲しいという気持ちでいます。
つまり話を聞いて「頑張って」と背中を押して欲しいので相談をするのです。その相手の意図を間違えてはいけません。

よく男性の場合は女性から相談を受けると、上手なアドバイスをして信頼を得ないとと頑張りすぎてしまいますが、
もしその意見が、その考えは間違っていると思うよ、もっと客観的な判断をしないとダメだよと否定したとします。
あなたのアドバイスの方が正しかったとしても、相手の女性はそんな事はまるで求めていないのです。

そもそも誰かに相談する時には、すでに自分の中では結論が出ていて、その結論を誰かに聞いてもらい「それがいいと思うよ」と言って欲しいのです。
そして同調されたからその結論で大丈夫だと自信をもつ事が出来るのです。

もちろん、アドバイスが必要な場面もあります。友達や恋人が間違えた方向に進みそうな時は、例え相手と気まずくなったとしても
ちゃんと自分の意見をいい、時には身体を張って止める事もあるでしょう。それはそれだけ相手が自分にとって大切な相手だからです。
しかし、出会い系サイトで知り合った相手にそこまで真剣な付き合いを求めていませんよね。

とりあえず割り切った関係なら、相手の相談は聞くだけ聞いて、その意見に同調してあげれば相手もそれで満足なはずです。
悩みを相談するというプロセスで出会い系サイトのメールのやり取りも距離が縮まり会える可能性が高くなるので
相談されたら聞くそして、同調するというパターンを忘れずに覚えておいて下さい。

関連記事